GoldPeach_3x.png

#虹トラ岡山プロジェクト

中国地方初となるレインボーパレード『ももたろう岡山 虹の祭典2021』の開催を祝して、(株)岡田商運の全面協力により、8色の虹をモチーフにしたラッピングトラック「虹トラ岡山」を制作しました。ビジュアルデザインは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の題字でも知られる、岡山県玉野市出身の書道家、Maaya Wakasugiが、8色レインボーへの思いをこめて揮毫した作品を原画とし、「ひとりじゃないよ」「We are all with you」というメッセージとともにトラックの側面に描かれ、向こう5年間、LGBTQ+のみならず、孤独を感じているすべて人たちを勇気づけるべく日本全国津々浦々を駆け巡り、多様性の大切さを発信します。

GoldPeach_3x.png

Maaya Wakasugi

Maaya Wakasugi

マーヤ ワカスギ

 

書道家/アーティスト

1977年岡山県玉野市生まれ。

6歳より書道を始め、17歳で個展開催。書の名門・大東文化大学 中国文学科を卒業。古典的な書のスタイルにとらわれないモチーフ選びや芸術性の高い表現が世界的に評価されている。 

『NY ART EXPO』(New York)、『NEXT STEP BIENNALE』 (Paris)に出品。ニューヨーク近代美術館(MoMA)でパフォーマンス。2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の題字を揮毫。

現在フランスのボルドー在住。

アー写unnamed.jpg
GoldPeach_3x.png

8色レインボーへの思い

coming soon:)

GoldPeach_3x.png

Maaya Wakasugiに揮毫いただいた原画

Tenugui2_dustoff_edited.jpg
GoldPeach_3x.png

Maaya Wakasugi インタビュー記事

2021年11月11日 HUFFPOST 

 

「ひとりじゃないよ」虹のトラックが岡山発で全国へ。在仏書道家Maaya Wakasugiさんに聞く、アートとLGBTQ

中国地方初のプライドパレード『ももたろう岡山 虹の祭典2021』が11月28日(日)に開催される。ラッピングトラック「虹トラ岡山」のアートワークを担当した、岡山出身でオープンリー・ゲイの書道家、Maaya Wakasugiさんにインタビューした。

 

(取材・文:宇田川しい 編集:笹川かおり)

2021年9月4日 newTOKYO

 

虹色のトラックが日本全国を駆け巡る#虹トラ岡山プロジェクトが発進! ビジュアルデザインに込められた想いとは?

中国地方初となるプライドパレードの開催を祝し、虹色のトラックが日本全国を駆け巡る「#虹トラ岡山」プロジェクトが9月1日(水)より発進。
トラックのビジュアルデザインは、岡山県出身の書道家・Maaya Wakasugi氏が手がけた。

2021年9月4日 gladxx

 


虹色のトラックに込めたゲイとしての思い――世界的な書道家、Maaya Wakasugiさんへのインタビュー

「あなたはひとりじゃない」と書かれたレインボーカラーのトラック「虹トラ岡山」。その車体の「虹」の字を書いたのは世界的に活躍する書道家、Maaya Wakasugiさんです。今回、ゲイとしてのライフヒストリーからドラァグクイーン・書道家としての人生、虹トラに込めた思いまで、いろんなお話をお聞きしました。

(聞き手:後藤純一)

アセット 1_4x.png